韓国サラリーマンの平均年収はどのくらい?

韓国人サラリーマンの平均年収はどのくらい?

こんにちは、ゆきんこりあです‘٩꒰。•◡•。꒱۶’

ブログを訪問していただき、ありがとうございます。

今日は、韓国サラリーマンの気になる年収についてまとめてみようと思います!

日本でもそうだと思うのですが、韓国も大企業と中小企業のお給料の差が激しいです( ;∀;)

正直、韓国はかなりの就職難と言われていますが、中小企業の募集はいっぱいあります。。。

そう。。。
選ばなければ就職先は割とあるんです!

ただ、やはりお給料などの条件が、大企業に比べて悪いので、なるべく大企業や安定した企業への就職を目指すのが現状です🥺

実際に私は中小企業で働いていますが、日本で働いていた時の年収に比べると3分の2以下。。。
むしろ2分の1に近い収入です( ;∀;)
(共働きなので大丈夫ですが、私1人で韓国で生きていく!となると正直不安な額です。。)

まぁ。。。ベンチャー?なので、後々会社が大成功!した場合は、かなりの年収UPが期待できるなど、夢はありますが。。。(笑)

私もできることなら大企業で働きたいよ。。。( ゚Д゚)

韓国の平均年収

韓国平均年収

まず、韓国の平均年収についてみてみます。

2019年の韓国の平均年収は。。。

3,647万ウォン!
(国税庁の統計によります。)

月給にすると300万ウォンくらいです。
手取りにすると260万くらいとなります。

ちなみに、日本の平均年収は436万円!!
(こちらも国税庁の統計です。)

日本の方が平均年収としては高い結果となります。

ただ、あくまでも平均額なので、多くの方がこの額をもらっているというわけではありません💦
実際に日本の年収の中央値(一般の感覚に近い値)は、約360万円となります。

韓国の中央値は出てこなかったのですが、おそらく日本の約360万円よりは、低い値が予想されます。

ちなみに2018年の資料では、勤労人口の上位50%~60%の平均が2434万ウォン。。

つまり、働いている人の2人に1人は、年俸2434万以下ということに。。。なるのかしら(;´・ω・)
(これが中央値?なのでしょうか💦数学苦手ですみません。。)

月給にすると20万くらい。。。
(かなり低い値なので、非正規雇用が含まれていると思います。)

平均年収を見ると、わぁ(   ¯꒳¯ )b✧となりますが、☝上記のような額を見るとしゅん( ´•̥ו̥` )となります。。

お給料ランキング

韓国 給料

では実際に、お給料の高い企業にはどのような企業がランクインしているのでしょうか??

資料によって順位の変動があるのですが。。

私の見たサラミンの資料によると、大企業の平均年俸TOP10は☟以下の通りです。

順位企業名平均年収(₩)
1SKエネルギー1億3200万
2SK仁川石油化学1億3000万
3SK総合化学1億2500万
4SKハイニックス1億1747万
5SKテレコム1億1600万
6GSカルテックス1億1109万
7S-Oil1億1032万
8現代オイルバンク1億900万
9サムソン電子1億800万
10LG電子1億700万
出典: 사람인

ただ、こちらのランキングにはメリッツなどの金融系が入っていませんでしたΣ(゚д゚lll)ガーン

ジョブコリアなどのランキングを見ると、メリッツやNH投資証券などがランクインしています。。

資料によって全くランキングが異なるという展開に。。(笑)

ただ色々な資料を見ていると、1億越えは金融系と化学、技術系に集中していました!

SKグループ。。
控えめに言っても。。すごい。。(笑)

ドコデミチヲマチガッタノダロウ。。。

もし高校生ぐらいまで戻れるのなら、進路に迷っている私に技術系を勉強しろ!と言ってやりたいです。(ちなみに数学と物理は超苦手なので多分ムリ。。笑)

金融マンは年収は高いですが、職業としての寿命はかなり短いと聞いたことがあります💦


ちなみに、韓国のお医者さんの平均年収は。。。

専門によって異なりますが、外科のお医者さんで約1億2,307万とのことです(*’▽’)

弁護士さんの平均は、8,850万とのことですが、個人によっての差がかなり大きい職業なので実際はもっと高い方も多いと思います。

看護師さんの年収は。。。
開きが大きいですが、新人さんで4000万ウォンくらいからのスタートとなるようです。
20年くらいの経歴を持つキャリア看護師ともなると、7000~8000万ウォンくらいにもなるようです☺

企業の規模による格差

チェック

大企業に就職が決まれば、年俸も良いですが。。。
誰もがそういうわけにいかないのが現実ですよね(*´з`)

ちなみに超大企業は、就職できても会社内で生き残るのが大変だとか。。💦
日本もそうなのでしょうか?(専門職なので疎くて。。)

というわけで、企業格差についても見ていきます。。

2020年新入社員の企業規模による平均年収予想は☟以下の通りです。

大企業
3,958万ウォン(手取り月給: 289万ウォン)

中堅企業
3,356万ウォン(手取り月給: 249万ウォン)

中小企業
2,834万ウォン(手取り月給: 212万ウォン)

中小企業の手取りはやはり少ないですね。。。( ;∀;)
大企業も新卒手取りで見ると、意外に低いかもしれないです。。

あくまでも平均なので、先ほどの☝年俸が高い企業だと新卒でも良いお給料が期待できそうです。。。( *´艸`)


ちなみに日本の初任給平均は約17万~20万で、日本の方が低いようにみえますが。。

韓国。。。

ボーナスがない or あっても少額。。。

今回の2020年秋夕の場合で見てみると。。
ボーナス(賞与金)を支給する企業が大体70%くらい、賞与金の平均額は560,000ウォン(大体6万円)とのことです。

ちなみにこちらのボーナスですが、秋夕の経費で消える額だと思います。。。💦
ボーナスのない会社であっても、大体は名節の際にソンムルセット(プレゼント)をくれます☺

我が家は、私の会社からは韓牛と、旦那さんの会社からは商品券+お菓子をもらいましたが、ボーナスはありませんでした( ;∀;)
(わが社はコロナで業績不振。。。泣)

韓国の失業率と最低時給

失業/職探し

韓国の現在の失業率はどうでしょうか?

2020年10月現在の失業率は、3.1%!!

意外に低いわね(*’▽’)っと思ったのですが。。。

こちらは名目失業率と言うのだそうで。。
非正規雇用やパートタイム(アルバイト)など、そして自営業の実家の手伝いなども含まれているため、実際にはもっと失業率が高いことが予想されています( ;∀;)

ちなみに私の周りには、コロナの影響で休職状態となっている旅行業の知り合いが多く。。🥺
来年になると、さらに失業者が増えるのではないかと思います。。。

アルバイトについても見ていきましょう!

現在、韓国の最低時給は、8,590ウォンです。
旦那さんが子供の頃は、3,000~4,000ウォンとかだったらしく、大分時給が上がっているようです(*’▽’)

8,590ウォン×8時間×月20日で計算すると。。
1ヵ月1,374,400ウォン!

アルバイトのみでは生活はちょっと難しそうですね💦
(日本も最近は難しいですよね。。)

ちなみに、日本の最低賃金は地域によって違うようですが。。
792円~1013円!

差があり過ぎではないでしょうか。。。(笑)

私が初めてアルバイト(スマイル0円)した時は、645円スタートだったよ。。

韓国人の貯金

貯金

最後に貯金についても、ちらっと見ていきましょう!

投資や、不動産を財産とする韓国人も多いので、貯金=財産とはなりませんが。。。

ジョブコリア×アルバモンが行った会社員2,112人を対象に行った調査によると。。☟

2019年に貯金をしたと答えた会社員は5人に3人。
彼らが1年間に貯蓄した金額の平均は。。
852万8000ウォン

1ヵ月に換算すると約71万ウォン程度貯金に回している結果となります。

月71万ウォン。。結構貯金できている方ではないでしょうか?

ただ5人中2人は、全く貯金していないという結果に(・_・D)!

貯金できなかった理由としては、借金の返済で貯金できなかった(家のローンなど)という理由が1位となっています。
次いで、カード代や生活費を除くと貯金する余裕がなかったが2位とのことです。

ソウルは家が高すぎて、ローンの支払いが大変というのも納得です。。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

年収などに関しては、あまり日本と変わらないかなぁという印象ですが、中小企業は正直韓国の方がお給料が安いような気がします💦

私が気になった部分をピックアップしてまとめたので、少しまとまりのない記事になってしまいましたが。。。
貯金については、もっと詳しく調べてまた記事として紹介できたらなと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました♡(。☌ᴗ☌。)

☟こちらもポチっとしていただけると、励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

ゆきんこりあ

4件のコメント

面白い記事ですね。 現代系が入ってないのがちょっと腑に落ちないですが、
統計はデータの取り方で大分変わってきますもんね www
SKは給料がいいって聞きますから そうなんでしょう ^^

基本給とインセンティブ、別手当など 韓国の給料体制は難しいと思います。
三星とうち給料は一緒らしいですが、 インセンティブなどで がばっと差がつくって聞いた事があります。

韓国の企業は給料は安いですが、 昼ご飯や独身寮などがあり 若い子には給料は安いですが、出ていく経費も少ないって感じてます。(もちろん会社によるので うちの会社の話です)

韓国ドラマ? って思うような権力争いも・・・・・

話がそれちゃいましたが、 とっても面白く読ませてもらいました ^^

  駐在おやじ

駐在おやじさん。
コメントありがとうございます!
紹介した資料では、現代系が50位以内には何社か入っていたのですが、オイルバンクしかTOP10入りはしていないですね💦
給料ランキングはデータによって結構順位が偏っていたように思います。サムソンと同じお給料とは。。。羨ましい限りです(^^♪
確かに、韓国はインセンティブを取り入れている会社も多いですよね。。。そして財閥系の大企業は社内の権力争いも本当に熾烈だと聞きました( ;∀;) ドラマのような権力争い。。。想像しただけで怖いです。。(笑)
若い子は家族と暮らしている人も多いので、お給料が高くなくても意外と支出が少ないですね!
私の周りでは、その分旅行や自分への投資、趣味などにお金を使う子も多いなぁという印象です(*’▽’)

つたないブログですがお読みいただき、ありがとうございました!
私も駐在おやじさんのブログ覗かせていただいております!

》3,647万ウォン(現在のレートだと約400万円)!

出落ちで笑った、計算できないバカな子なんだろうな。
もしくは円ウォンレートとウォン円レートをかけ間違えている。
3600万ウォンは大体320万ぐらいがここ数年の相場。
日本と韓国の転職コンサルして経験から、日本の年収は韓国の1.4倍程度が妥当だよ。

こんにちは。
ご指摘ありがとうございます。確かにレートを逆に計算していたので、該当部分は削除させていただきました。
ただ、顔の見えないコメントで失礼な物言いはどうかなのかなと思います。今後はコメントをいただいても非承認にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です