【韓国生活】韓国人おすすめの韓国映画~メジャー編①~

こんにちは!
ゆきんこりあです٩(ˊᗜˋ*)و

韓国ソウルは、今週からソーシャルディスタンスが少し緩和されて2段階となりました~!

とは言っても、まだまだ出かけるのもなぁという事で。。。

今回は。。。
夜や休日は、ひたすらNet〇lixやWat〇haを見ている我が家の韓国人旦那さんがオススメする韓国映画を勝手に紹介させていただきますヾ(๑ㆁᗜㆁ๑)ノ”

一気に10個紹介しようとしたら、大変だったので。。。
今回はメジャー編の①ということで!(笑)

②とマイナー映画編は後日またアップしたいと思います♡

※ ネタバレのないように書いてみました!(注: あらすじあり。)

公開年度の古い順にLet’s Go~!

シュリ(쉬리)

まずは、シュリ(쉬리)!!

公開年度: 1999年
監督: カン・ジェギュ
出演: ハン・ソッキュ、チェ・ミンシク、ソン・ガンホ、キム・ユンジン
上演時間: 123分
総動員数: 6,931,765名(韓国)

引用: 나무위키

あらすじ
国家秘密情報機関OPの特殊要員であるユ·チュンウォン(ハン·ソッキュ)と、イ·チャンギル(ソン·ガンホ)!

捜査中の彼らに情報提供をしていた武器密売人のボス、イム・ボンジュが、彼らの目の前で狙撃された。
狙撃現場に残った薬きょうから、チョンウォンは北朝鮮の特殊要員である狙撃手イ・バンヒの活動再開を悟る。。。

殺されたボンジュの背後を調査するチュンウォンとチャンギルは、その過程でバンヒがボンジュを通じて国防科学研究所で開発された新型液体爆弾CTXの入手を試みていたことを突き止める。。

急いで研究所に向かうが、一足遅く。。。

その後も常に一歩先をゆくバンヒの行動。。。
OPに内部スパイがいるのではという疑惑が深まる。。。


みんなの感想
Naver映画のネチズン評価も高いシュリ!
10点満点のうち、8.88という高評価を獲得しています。

日本のポスターを見ると、切ないラブロマンスに重きが置かれているような感じがしますが、アクションやハラハラする展開も見どころの作品です。

私が見たのはもう10年以上前でしたが。。。
韓国映画に全く興味がなかったのに、めちゃめちゃ印象深くて良い映画だなぁと思いました☺

<旦那さんの感想>
20年以上前の映画なので今見ると、少し時代遅れに思う部分もあるかもしれない。
当時の韓国映画界では今までになかった”韓国もこんな映画を作ることができるんだな”と思わせてくれる映画。
韓国映画界の歴史を変えた名作。

韓国映画界の歴史をぐーんと進化させた映画の一つだよ。

箪笥(장화,홍련)

次は意外と古い箪笥(タンス)!
韓国古典怪談である”薔花紅蓮伝”を映画化したもの。

公開年度: 2003年
監督: キム・ジウン
出演: イム・スジョン、ムン・グニョン、ヨム・ジョンア、キム・ガプス
上演時間: 115分


引用: 나무위키

あらすじ
人の往来が少ない田舎、名も知らぬ野花がひっそりと咲く道の先には、1軒の日本式の木造家屋が建っている。。
昼間にはピアノの音が聞こえてきそうな、美しい家。。

この家に住む大人でもなく、子供でもない美しい姉妹のスミとスヨン。。。
そして美しいが、どこか不気味な継母のウンジュ。

家族が一緒に暮らすようになったその日から、家族の怪談は始まる。。

暮らし始めた初日から、家には不思議な気配が漂い、家族たちは幻影や悪夢に悩まされる。

スミは亡くなった母親の代わりに、父と妹の面倒を見ようとする。
産みの母にそっくりのスヨンはいつも何かに怯えている。
継母ウンジュと姉妹は何度も喧嘩するようになるが、父ムヒョンはただ見ているだけ。。。

そして次第に家のあちこちで、不思議な現象が起こり始める。。

みんなの感想
こちらもNaver映画でのネチズン評価が高い作品で、8.76

*シナリオも演出も演技も美術も音楽も最高!
*最後のシーンが本当に最高!
*以前、そして以降にもないであろう名作!

などなど絶賛されています☺

<旦那さんの感想>
心理的描写にすぐれていて、ホラー映画の緊張感とハラハラ感が見ている間も、そして見終わってからも続く映画。
作品中で流れる音楽も良く、ホラー好きにはぜひ一度見ていただきたい作品!

日本のホラー映画にちょっと近い印象かもしれないね。

オールド・ボーイ(올드보이)

箪笥と同じ2003年公開のオールド・ボーイ

公開年度: 2003年
監督: パク・チャヌク
出演: チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン
上演時間: 120分
総動員数: 3,269,000名(韓国)


引用: 나무위키

あらすじ
– 15年の監禁と5日間の追走劇
– 対決の末、一方は死ぬ
– 監禁されたチェ・ミンシクと監禁したユ・ジテ
– 15年をかけた2人の対決、残り時間5日


酒好きのお祭り男”オ・デス”は、妻と幼い娘を持つ平凡なサラリーマンだ。
ところがある日、酔っ払っての帰宅途中に何者かに拉致され、監禁部屋へと入れられてしまう。

安ホテルのような監禁部屋、中華料理店の焼き餃子だけを食べ、テレビが全ての生活。

そうして1年が過ぎたころ、テレビで流れる妻が殺害されたというニュース。
さらに殺人犯として自分の名前が。。。

復讐を誓うオ・デスは鍛錬を開始する。。。
日々は過ぎ、監禁15年を迎えたある日、オ・デスはあっけなく解放される。。

解放されたオ・デスは復讐のため、自分を監禁した男を探し始める。。。
なぜ監禁されたのか。。。そしてなぜ解放されたのか。。

みんなの感想
オールドボーイのNaver映画評価は、9.04!

*悲しくて、汚くて、最悪で、惨めなのに、美しい!
*これは映画なのか?この作品は芸術だ!
*韓国映画の自慢だ。

などなど☺

こちらの映画も韓国ファンの心をつかんで離さない名作!
上の感想にもありますが、見終わった後も、悲しさの中の美しさが、心に響く作品だなぁと思います!

<旦那さんの感想>
結末がショッキング!
なぜ15年間の監禁後に、解放されたのかを考えながら見る楽しみと共に、期待以上のラスト待っているのが面白い!(*´з`)

ちなみに原作は日本の漫画なんですね( ゚Д゚)
機会があれば漫画も読んでみたいなぁと思います。

R-POINT(알 포인트)

こちらは箪笥と同じくホラー映画のR-POINT

公開年度: 2004年
監督: コン・スチャン
出演: カム・ウソン、ソン・ビョンホ、オ・テギョン、パク・ウォンサン、イ・ソンギュン他
上演時間: 106分
総動員数: 1,689,000名(韓国)


引用: 나무위키

あらすじ
1972年、ベトナム戦争終盤。。。
200人の部隊員の中、ホンバウ戦闘で唯一生き残ったチェ·テイン中尉(カム·ウソン)は悪夢に苦しんでいた。
そんな彼の本隊復帰願いは棄却され、CID部隊長は彼に秘密捜索命令を下す。

1月30日22時、 この日も師団本部の通信部隊無線機には、救助要請を叫ぶ悲鳴が。。。
6カ月前、作戦地域名”ロミオポイント”で死亡したとされている18人の捜索隊員からの救助要請だ。

兵士たちは生きているのか、それとも死亡したのか。。。
痕跡のない兵士たちの生死を確認することのできる”物的証拠”を確保することが、今回の作戦目標だ。

3日後、ロミオポイント。。。。
闇が迫る密林に入った9人の兵士たちの後ろには、木の葉に隠れた古い碑文が。。。

手に血の付いた者は、 帰れない!!

7日間の作戦が始まる。。。

みんなの感想
Naver映画のネチズン評価は、8.76!
韓国ホラーを代表する作品の1つです。
以下はネチズン達の評価☟

*映画を見て10年経つが、あの時の恐怖感は今でも鮮やかだ。。
*映画を見ながらブルブルと震えてしまうのはこの映画が最初で最後だ。
*何度見ても、手に汗が。。。

<旦那さんの感想>
どちらかというと男性が好きな映画かなという印象。
東南アジアの風景は美しいイメージだったが、映画ではそんな美しい風景が恐ろしい雰囲気として描写されていて、そのギャップが面白かった。
軍隊や戦争を背景にしたちょっと独特なストーリーのホラー映画なので、軍隊などに関心がある人はより一層楽しめそうな映画。

私はまだ見たことがなかったので、ブログ書き終わったら見ます。。(笑)

国家代表(국가대표)

①の最後はスポーツ映画、国家代表

公開年度: 2004年
監督: キム・ヨンファ
出演: ハ・ジョンウ、ソン・ドンイル、キム・ジソク、キム・ドンウク他
上演時間: 137分
総動員数: 8,035,181名(韓国)


引用: 나무위키

あらすじ
空を飛ぶ夢!私たちは韓国の国家代表だ!
1996年、全羅北道茂朱(ムジュ)で、冬季オリンピック誘致のために、正式種目の一つであるスキージャンプの国家代表チームが急遽作られることに!

– 元子どもスキー教室講師の国家代表コーチ
– 元ジュニアアルペンスキー米国国家代表
– ナイトクラブのウェイター
– 父親の言う通りに生きてきた焼肉店の息子
– 祖母と弟の面倒を見る少年家長
– そんな兄を心から愛するちょっと抜けた弟

スキー経験はあるがジャンプ経験のない彼らが、韓国初のスキージャンプ国家代表チームとしてオリンピックで金メダルを目指す?!

みんなの感想
Naver映画の評価は、9.13!!
コメディ要素に満ち溢れた笑いもあり、感動もありの映画は韓国で大人気に!

*見る度に感動する映画!
*私の人生ベスト映画!
*スポーツ映画だからと言って、今まで見なかったことを後悔!
*スキージャンプ+OST+ハ・ジョンウの三拍子そろった調和が完璧。

などなど感動した!との声が多かったです☺

<旦那さんの感想>
ストーリーとしてハリウッド映画の”クールランニング”に似てはいるが、表現の仕方やグラフィックの見せ方が上手く、リアリティ感を楽しめる映画。
様々なシーンでコメディ要素も取り入れているので笑いながら楽しめる!

ストーリーはフィクションですが、大会の結果やチーム結成、支援金に苦労した点などは実話をもとにしている部分もポイントです!

まとめ

いかがでしょうか?

韓国映画好きな方なら、1度は見たことのある映画かもしれませんが、久しぶりにまた見るのも楽しいですよね( *´艸`)

最近オールドボーイを、かなり久しぶりに見た私ですが。。。
当時は若かったので理解できない部分もあったのですが、今回久しぶりに見て、こんなに面白い映画だったのか!となりました。。。☺

次回は、後編5つをお届けしたいと思います♡

もっともっと有名な名作映画もありますが、まずは5選でした!


最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^♪
ゆきんこりあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です