【韓国生活】韓国のペット事情について考える

こんにちは、ゆきんこりあです੯ू•́ू ໒꒱⁼³₌₃

現在、我が家にはミックス犬とボストンテリア(血統書はなし)、2匹のわんこがいますฅU•ﻌ•Uฅワン
そこで、今回は韓国のペット事情について調べてみました♡

2018年にKB긍융지주 경영연구소(KB金融持株経営研究所)が行った”반려동물 연관산업 현황과 양육실태(ペット関連産業の現状と養育実態)”という調査が公開されていたので、結果をもとに考察してみます( *´艸`)

近所でもあまりミックス犬やボストンテリアは見かけないなぁ。。。

韓国のペット世帯数はどのくらい?

まず、こちらの調査によると、韓国の全世帯のうち、25.1%が”現在ペットを飼っている”と回答!
“現在は飼っていないが、過去に育てたことがある”が39.2%、”育てたことない”が35.7%とのことです。

2018年の全国世帯数が約2193万世帯であることを考えると、約550万世帯においてペットを飼っているという計算になります🐶🐱
日本でも約4世帯に1世帯はペットを飼っているとの情報がありますので、韓国もほぼ同じ感じのようです。

そして気になるのは。。。

果たして犬派が多いのか。。。猫派が多いのか?
きのこたけのこ並みに重要な問題です。

靴下で遊ぶボストンテリア

我が家は私の猫アレルギーもあって犬派♡

可愛い猫

でもやっぱり猫もカワ(・∀・)イイ!!


結果は。。。
犬が75.3%
猫が31.1%

犬の圧倒的勝利でした!
でもでも猫もやっぱりカワ(・∀・)イイ!!

ちなみにその次が、金魚や熱帯魚で10.8%ととのことです。

犬、猫ともに1匹での飼育が最も多く、犬世帯では平均1.2匹、猫世帯では平均1.4匹のようです。

我が家は2匹で多頭買いに属するけど、こうしてみると珍しい方なんだね~。

人気の犬&猫種は?

次に人気の種類についても見てみます。

実際に犬の散歩で公園を毎日訪れるのですが、よく見かけるのがトイプードル、マルチーズ、シーズー、ビションフリーゼ、ポメラニアン、スピッツ、ヨークシャーテリア、チワワといった小型犬が多いです(*´з`)

トイプードルは本当によく見ます!!体感的には3匹に1匹くらいな気も。。。(笑)

実際は。。。
1位: マルチーズ
2位: プードル
3位: シーズー


1位がマルチーズなんですね!
プードルかと思った。。。੯•໒꒱❤︎

ちなみに我が家のわんこ、ミックス犬は第6位、ボストンテリアは圏外のようです。。


そして猫ちゃんは。。。
1位: コリアンショートヘアー
2位: ペルシアン
3位: ロシアンブルー


との事なんですが。。。
猫については無知すぎて。。。(笑)
5位が”잘 모르겠다(よくわからない)”となっているので、この辺にミックス猫ちゃんが含まれるのかな~。

日本だとスコティッシュフォールドやマンチカン、日本猫が多いようですね🐈

ただ一つ言えることは。。。どの犬も猫もカワ(・∀・)イイ!!

やさぐれた表情のボストンテリア
圏外でやさぐれるボストンテリア先輩

ペットの迎え入れ経路

次に気になるのが、ペットの迎え入れの経路についてです。

後程また記述しますが、日本も韓国も悲しい結末を辿ってしまうわんこにゃんこがまだまだ多くいるのが現状で、ペットショップや悪徳ブリーダーからの迎え入れなどに関しては、現在両国で問題になっています( ;_; )
(決してペットショップやブリーダーさんからの迎え入れを否定しているわけではありません。)

そこで、ペットの迎え入れに関しての調査結果も確認してみたいと思います。

まずはわんこについて。。。
1位: 友人や知人を通しての迎え入れ – 46.8%
2位: 一般のペットショップ- 20.7%
3位: 動物病院 – 10.1%
4位: インターネット上の個人間取引 – 5.6%
5位: ペット複合店舗: 5.2%


保護センターからの引き取りは、調査結果では3.5%、捨てられた場所で拾ったは3.3%となっています。

我が家の2匹も、元々飼われていた場所からの引き取りなので、一応1位の理由に入るのかな。。。

次に猫ちゃんについて。。。
1位: 友人や知人を通しての迎え入れ – 46.8%
2位: 捨てられた場所で拾った
– 17.6%
3位: その他 – 9.2%
4位: インターネット上の個人間取引 – 8.4%
同率5位: ペット複合店舗 / 動物病院: 5.9%


猫ちゃんの場合は、野良猫を拾って育てている場合が第2位と多いですね😻

日本の地元は北の方で冬が寒いせいか、あまり野良猫ちゃんを見かけたことがないのですが、ソウルには野良猫ちゃん/外猫ちゃんをかなり見かけます。
エサや水をあげているお家もよく見かけます。

街で見かけた野良猫
カフェで見かけた野良猫ちゃん

捨て犬&捨て猫問題

日本でも韓国でも、問題となっているのが、捨て犬捨て猫問題です。

簡単に飼育を始めたものの、想像していたよりも大きくなってしまった、引っ越しすることになり、これ以上育てられない。。。などの理由で動物保護センターに持ち込まれるわんこやにゃんこ達が後を絶ちません。

農林畜産検疫本部(농립축산검역본부)が発表した資料によると、2018年に保護および救助された犬は9万1797匹、猫は2万8090匹、計12万1077匹にもおよぶそうです。

その中で、
迷い犬/猫などで実際の飼い主に戻ったケース: 13%
安楽死: 20.2%
自然死: 23.9%
新しい飼い主さんと出会うことのできたケース: 27.6%

12万匹のうち5万匹以上が天国へと旅立ってしまう計算です。
ちなみに、日本では昨年約4万6000匹のわんこにゃんこが天国へと旅立ったそうです。
(犬7,981頭、猫38,430頭 ※負傷や保管中の死亡を含む)

数字だけ見ると、日本の方が少ないように見えますが、両国ともまだまだ多くの犬猫たちが犠牲となっているようです。

日本、韓国ともに一生懸命活動されているボランティアさんも多くいらっしゃいます。
韓国ではインスタグラムを通じて活動を垣間見ることができ、寄付なども気軽にすることができるようです☺

我が家は、家計的にも体力的にも2匹が限界ですが、いつの日か別れがやってきたとき(考えただけで涙が。。)は、保護センターからわんちゃんを引き取れたらなと思っています。

ちなみに、悲しい話を一つ。。。
全羅道 群山市にある群山動物保護所は、安楽死のない動物たちの保護を目指し、とても良い環境で動物たちの保護にあたっていたのですが、放送などにも登場した影響で、道外からの捨て犬/猫の持ち込みも急増してしまい、すでに収容可能な動物数を超えてぎりぎりでの運営を続けているようです( ;_; )

できるだけ多くの動物たちを救いたいという思いで設立された保護所に、良い環境だからと言って簡単に捨てに来る。。。悲しい気持ちになります。。。
日本も韓国も、このような現状がなくなるように願いつつ、飼い主として改めて責任を持って育てていかなくてはと引き締まる思いです。

ミックス犬の幼少期
口直しに我が家に来たばかりのころのミックス犬の写真をどうぞ♡

韓国で起きた飼い犬による事故について

韓国で起きた飼い犬による事故についてもご紹介したいと思います。

ここ最近ニュースで話題となっていたのが、ロットワイラーが散歩中のスピッツを襲い、スピッツのわんちゃんが死んでしまった事故です。

ロットワイラーという犬種は知らなかったのですが、かなり大きく韓国では猛犬の種類に該当するようです。
スピッツの飼い主さんも負傷をしたようで。。。
さらに3年前にも他の犬を襲ってしまった経歴があるようです。
この件を巡っては、飼い主の刑事処罰が可能なのか等、関心が集まっています。

また7月には、俳優キムミンギョさんの飼い犬であるベルジアンシープドッグという犬種の飼い犬2匹が、キム氏の不在中に柵を乗り越えて、近くの畑で作業中だった近所に住む80代の女性を襲ったという事件もありました。
結局こちらのハルモニは、病院にて入院中でしたが約1か月後に旅立たれたということでした。警察は死因について調査中とのことでニュースとなっていました。

何年か前には、SJのシウォンさんが飼っていた飼い犬による事件もありましたね。。

こうしてみると、本当に他人ごとではないなと思います。
小~中型犬であっても、噛みどころが悪ければ十分に危ないですし。。。
うちの犬は絶対大丈夫と思っていても、物事に100%がないのと同じように、急に興奮したり、私たちを守るために他の犬や人を襲ったりという事がないとは言い切れないと思います。

散歩中には今後も気を付けなければと、ニュースを見るたびに改めて思います。

悲しい話題が続いたので。。。我が家のわんこを再び♡

わがやのわんこ達
浮気現場を発見されたかのような表情です。

ペットにかかる費用はどのくらい?

悲しい話が続いたので、実際に犬/猫を育てている世帯の飼育費についてみていきたいと思います☺

まずは、わんこから~!
わんこの月の飼育費はいかに。。。

5万ウォン以下: 31.5%
10万ウォン以下: 32.5%
20万ウォン以下: 23.2%
月平均は12.8万ウォンとなっています。


猫ちゃんはいかに。。。
5万ウォン以下: 26.9%
10万ウォン以下: 45.4%
20万ウォン以下: 20.2%
月平均は12.0万ウォンとなっています。

飛んでいくお金のイラスト

こうしてみると、犬&猫で大きな差はないようです☺
支出に占める割合は、
ごはん代
おやつ代
予防薬予防接種代
日用品
が大部分となっています。

我が家に関しては。。。
月々の予防薬代が固定費となっているので、2匹分で4万ウォンくらいです。

それ以外の部分は、月によって変わってきます。

体調が悪く獣医さんにかかると。。。日本と同じくびっくりするくらいの出費となります!
(韓国もペット保険がありますが、我が家は現在のところ利用していません。)

正直おやつやごはんに関しては、値段がピンからキリまでなので、どのようなものを買うのかでかかる費用が大幅に変わってくると思います💦 

毎回悩む。。。ごはん問題。。。良いものを食べさせてあげたい=高いフード?なのかなとも思いますが、我が家の経済事情もあるので。。。(笑)
中堅くらいの価格のフードで満足してもらってます!

いつか富豪になって、もっと美味しいものを食べさせてあげたいです(*´з`)
待ってろよ~!

可愛いボストンテリア
好き嫌いのない良い子ですが食べすぎ注意。。

犬を育てての感想とまとめ

私が犬を育てるのは、子供の時以来で韓国ではもちろん初めてでした!
韓国に来て、知り合いのいなかった私にとってミックスの子は、かけがえのない韓国で初めての友達です(^^♪

ボストンテリアの子は悩んだ末に、ミックスの子の相棒として迎え入れましたが、仲が良いのか悪いのか、ぎゃうぎゃうしながら毎日を過ごしています。。。(笑)
(血を見るような喧嘩はしないので安心してください。)

2匹になって体力的に大変な部分もありますが、いつ見てもカワ(・∀・)イイ!!
トイレに失敗してイライラしても。。。興奮しすぎて爪を立ててきても。。。。でもカワ(・∀・)イイ!!

ちなみにわんこにかかる費用や、育てる環境に関しては、あまり日本と大差ない気がします!
近所にもっとドッグランが増えればなあという希望はありますが。。。

ペット用品のお店では日本製のものも多いです♡
日本に行った時には、わんこのおやつを爆買い。。。(笑)

最後に、昔飼っていたわんこは身体が弱く長生きできなかったので、我が家のわんこ達にはとにかく元気で長生きしてくれたらいいなぁと思うばかりです( *´艸`)

仲良く寝るわんこ達
幸せの♡マークを見つけてみてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました♡
ゆきんこりあ

引用/出典: 반려동물 연관산업 현황과 양육실태 (KB긍융지주 경영연구소)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です