【韓国生活】日韓夫婦のリアルな生活費

こんにちは!ゆきんこりあです‘٩꒰。•◡•。꒱۶’

コロナが深刻化してしまい、ソーシャルディスタンス2.5段階が現在進行中の韓国。。。

週末は家にこもっていました。。。( ;∀;)

というわけで、本当はおすすめ情報などを紹介したいのですが。。。

お出かけできないので、特にありません!!!(笑)

ステイホームのひよこイラスト
집콕してるよ

そこで。。。
勝手に私のリアルな韓国ライフについてでも、紹介してみようかなと思います☺

まず第一弾(第二弾があるのかはわかりませんが)。。。

生活費!!!

正直、移住してくる前に不安だったのが、ちゃんと生活していけるだろうか。。。という部分でした。
もちろん旦那さんは働いていますが、私が韓国に来て、すぐに働けるかどうかわからない状況(韓国語の実力的にも、スキル的にも。。。)での移住は少し不安でした。

もちろん人によって違いますので、結婚してソウルに住むと、最低このくらいの固定支出が必要なんだな~と何かの参考にしていただければ幸いです♡

ちなみに我が家は、子供のいない2人暮らしで、お金はかからない方かなと思います。

家賃

家賃に関しては、家庭によって本当にピンからキリです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

というのも、ウォルセ/チョンセ/メメによっても出費が変わってきますし、もちろんどのような価格帯の家に住むのかによって、変わってきます💦

ウォルセやチョンセに関しての説明はコチラからどうぞ☟

ちなみに我が家は。。。

ウォルセですが、ソウルの端っこ&古くて小さなアパート(1LDK?)なので、めちゃめちゃ安い。。。

ただ、地下鉄までは7分くらいですし、日当たりも良好、駅の周辺には何でもそろっているので立地としてはOKです(*´з`)

安すぎて公開するのが恥ずかしいので、詳しい金額は内緒にしておきます💦
(安い物件も、探せば意外にあるんです(*ノωノ)笑)


と言っても、それじゃあ参考にならないので。。。



東京の1LDK ~ 2DKの平均家賃が9.9万円とのことなのですが。。。
ソウルで毎月そのくらいのお値段を出すなら、1LDKや2LDKの割と綺麗なヴィラに住むことができると思います💕
保証金の額によって、お部屋のグレードはもちろん変わってきますし、江南エリアは多分難しいですが。。


ちなみに、日本と同じように、家賃とは別に管理費の支払いがあります。
(中には管理費がない所もありますが。。)

管理費もピンからキリで。。
数万ウォン~10万ウォン以上と様々で、アパートやオフィステルは少し高い傾向にあるようです☺

家にいるひよこのイラスト
一軒家に住みたい。。

光熱費

光熱費は、日本と同じように、水道、電気、ガスがあります。

水道代
水道代は日本と同じように2カ月に1度、請求が来るのですが。。

2カ月分の請求で、毎回大体25,000ウォン!
1カ月で計算すると、12,500ウォン程度となります。

水道代は韓国の方が安いかなと思います☺
私の住んでいた地元(日本)では、基本料金で2カ月4000円くらいだったような。。


電気代
こちらは、1カ月に1度の支払いです。

我が家の7月の消費電力は119kWhでした!
エアコンに関しては、除湿モードのみの使用ですが、現在私が在宅勤務で家にいるため、暑い日は1日中つけたり、消したりしながら使用しています。

金額は。。。

7月分: 11,630ウォン!

エアコン使ったのにめっちゃ安い~( ;∀;)

ちなみに。。。
地域平均が、175kWhなのですが。。
恐らく平均くらい使っても2万ウォンくらい?かなと思います☺

日本で一人暮らしをしていた時は、ほぼ家にいないのに3000円以上払っていたと思います💦


ガス代
ガス費には、給湯(お湯の使用)と、オンドル(暖房)、そして料理時(ガスコンロの場合)が含まれます。

韓国は、基本的に都市ガスの使用となります。
(田舎の方はLPGガスを使用するところもあるらしいですが💦)

金額は。。。

7月分: 8,730ウォン!

えっ。。。円じゃないよね?って思いませんか( *´艸`)??
夏なので、オンドルは使用していませんが、シャワーの際はお湯を惜しみなく使用しています。。。

めちゃめちゃ安いではないですか( ;∀;)
ありがたや。。。

ちなみに冬はというと。。。
一番高かったのが2月なのですが、大体7万~8万ウォンくらいでした!
(1日中オンドルを使用しています。)

ただ、我が家は狭い1LDKなのでこのくらいのお値段ですが、通常のアパートやヴィラでオンドルを使用していたり、家族が多いとシャワーの回数も増えるので、冬のガス代が30万ウォンくらいという家庭も多いかと思います。


光熱費まとめ
というわけで、7月の光熱費を合計すると。。。

32,860ウォンとなります。

や。。。安い。。。(。・ω・。)

ちなみに我が家の光熱費は、冬でも11万~12万ウォン程度に抑えられています。

尊さに涙を流すひよこ
ありがたや

通信料

さらに続いて、通信料☺
コチラは毎月変わらない支出となります。

インターネット: 35,200ウォン
ケーブルTV: 16,500ウォン
スマホ: 49,900ウォン*2人分
Netflix: 12,000ウォン
melon(音楽ストリーム):
7,700ウォン

(ネット&スマホ&TVでセット割があるのですが、いくらかわからないので定価で計算しました💦)

計 171,200ウォン!!

スマホ代やインターネットに関しては、日本とそこまで変わらないような気がします(^^♪

スマホの料金は、機種代を払っているかどうか、そしてプランによっても変動が多いですね。
(うちは通話は無制限、データは1カ月3GBを超えると速度制限です💦)

スマホをいじるひよこ
通信費はまあまあかな

保険料

そして保険料も固定費としての支出となります。
私たちは、民間保険、自動車保険、そして火災保険に加入しています。

民間保険
私の保険: 138,000ウォン
旦那さんの保険: 120,000ウォン


日本で入っていた保険内容とあまり保障はあまり変わらないのですが、韓国の方が高い💦
必要最低限しかつけていないのに、2人で20万ウォン超えです( ;∀;)

自動車保険

年間900,000ウォン程度です。
1カ月にすると75,000ウォンくらいですね。

無事故の年数などによっても変わってくるので、家庭によって異なります☺

火災保険
一応火災保険にも入っているのですが、1ヵ月30,000ウォン程度です(*´з`)


保険料まとめ
上記の保険料をまとめると。。。

1ヵ月で約363,000ウォン!!

保険関係は、結構な支出となりますね( ;∀;)
これでも安い方なんですが。。。💦

お金を追いかけるひよこ
保険高い。。

食費

前置きとして。。我が家はエンゲル係数がとっても高いです🍖

というのも。。
私が食べることが大好きなので、外食をしたり、デリバリーを頼んだりという頻度が高いからです💦
日本ではデリバリーを頼むことは、ほぼなかったのですが。。(笑)

なので、あまり参考にならないのですが。。。
自炊分に関してのみ、まとめてみようと思います。

ちなみに朝食は2人とも食べません。
昼食に関しても、基本的に出勤時は外食となるので、含まれていないと考えていただければと思います。

というわけで。。
夕食分+週末分となるのですが。。。

大体月1回大型マートで食料を購入+近所のマートでその都度必要なものを購入しています。

大型マートでの購入が10~15万ウォン程度
近所マートでの購入が15万ウォン程度

かなぁと思います。
お菓子やお酒なども含んだ価格です。
(詳しく家計簿をつけていないので完全に感覚ですが💦)

外食(デリバリー含む)に関しては、その月によって異なりますので、除外させていただきます(^^♪笑

現在、私は在宅勤務中なので、昼食を家で食べていますが、大体30万ウォンくらいあれば、1カ月2人分の自炊が可能かなと思います☺
(一日三食ほぼ全て自炊だと、もう少しかかるかもしれません💦)

チョコレートを食べるひよこのイラスト
食べるって最高♡

その他の支出

その他の支出としては。。。

交通費(我が家は地下鉄通勤)、出勤時の昼食代、交際費、雑費(生活用品)、わんこ関係(薬代+フード等)。。。


交通費
交通費に関しては。。
会社との距離にもよりますが、1カ月2人とも毎日通勤で見積もると。。

1人分 1カ月10万ウォン×2人
20万ウォン程度となります。

昼食代
先ほどの食費には含めていないのでこちらで計算すると。。

現在、私は在宅勤務で出勤していませんが、出勤しているとして計算してみます。。。

外で食べると安くて6,000ウォン~1万ウォン超えです。
昼食後のコーヒー代なども考えて。。

とりあえず1日1万ウォンと計算!

1万ウォン×月20日×2人分: 40万ウォン

2人で考えると結構な額になりますね💦

ちなみに毎日ス〇バのようなカフェでコーヒーを購入すると、もっともっとお金がかかります!(笑)

お弁当。。。めんどくさいですが、在宅が終わったら考えようと思います(*´з`)

昼食提供のある会社だと昼食代がかからないことも💛
(我が家は2人とも給料に含まれているので、食事代は毎回支払いが発生します。)

わんこ関係
わんこ関係も月によって変わってきますが。。。

毎月1回の薬代: 2匹分で42,000ウォン
わんこの食費+おやつ+α: 5万ウォンくらいかなぁ。。。

後は病院にかかったり、予防接種する月によってはかなり出費が増えます。

一応大体月10万ウォン(薬とフード&おやつ代)で計算してみようと思います。


※最後に、交際費&雑費(生活用品、洋服代)などに関しては、月によって全く異なるので省略します!

その他の支出まとめ
というわけで、交通費、昼食代、わんこ関係をまとめると。。。

1ヵ月70万ウォン程度となります。

黒板を指す先生ひよこ
果たして安いのか高いのか。。。

支出まとめ

というわけで支出についてまとめてみると。。

光熱費: 32,860ウォン
通信料: 171,200ウォン
保険料: 363,000ウォン
基本の食費: 300,000ウォン
その他の固定支出: 700,000ウォン
______________________________________
計 1,567,060 ウォン

(156万ウォン≒15万円くらい)


これにプラスで、家賃を追加すると、1カ月の基本的な絶対必要経費となります!

そして、さらに外食費や交際費、ガソリン代、その他洋服代や生活用品代などの雑費、そして病院代などが追加されていくので、ここからさらに何だかんだでお金が飛んでいきます( ;∀;)

しんどいひよこ
浪費家すぎてしんどみ


支出額と毎月の貯金額から、上記の何だかんだ支出を計算してみると。。。

カフェ代。。。外食やデリバリー代。。。遊びに行くお金。。。などなど

私めっちゃお金使ってるかもー💦
働いていると思って油断してたー!!!笑

私が働き始めてから家計簿をつけていなかったのですが。。。
早く今のボロいウォルセから脱出したいので、来月からまたちゃんと管理しようと思います( ゚Д゚)

正座で札束を見つめるひよこのイラスト
お金は大事



いかがでしょうか?

固定支出だけを考えると、思ったよりもお金がかからずに、最低限の生活はできそうな感じがしませんか。。。

ただし、今回計算に入れていない家賃や、固定外の支出に関しては、本当に家庭によって様々だと思います。


参考までに、2019年度の韓国の平均年俸は3634万ウォン
1ヵ月にすると、300万ウォン程度、手取りにすると大体260万ウォン程度となります。

平均年俸から考えると、国際結婚家庭で、パートナー1人のみが働く場合であっても、贅沢をしなければ生活としては、問題なくやっていけるのかなと個人的には思います(*´з`)

ただ、自分のお金で遊びたいし、日本にも気兼ねなくちょこちょこ帰省したいし。。。
老後も不安だし。。。

などなどを考慮して、私の場合は。。。

ワタシモハタラク。。。。となりました!笑

働くひよこ
ハタラク


あくまでも私たち夫婦の場合なので、実際は全然違うよ、もっと高いよ(or 安いよ)と思われる事もあるかもしれませんが、一例として広い心で見ていただけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*´з`)
ゆきんこりあ

2件のコメント

ゆきんこりあさん、はじめまして。
現在、在韓6年目で今年5月に結婚した者です。

ソウル在住の日韓夫婦の中で共働きの方の生活費が気になっていました。
実際の知り合いにはなかなか聞きづらいことでもあるので(笑)、
このように参考になる記事を読むことができてよかったです!

他の記事も読ませていただきますね!

イェジンさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!!
貧乏夫婦のざっくりとした家計簿ではありますが、少しでもお役に立てたら嬉しいです(*´з`)
見ていただいて、コメントまでいただいて、とても励みになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です