【韓国日記】韓国で犬2匹と暮らす理由

こんにちは!
ブログを訪問してくださり、ありがとうございます(⁎˃ᴗ˂⁎)

コロナ在宅が続き、愛犬との暮らしをより一層満喫している私ですが。。。

今回は我が家が、2匹のわんこを迎えることになった経緯についてまとめた、ただの日記です✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

普段のブログの息抜きとして書いてみました。。


予めひとつだけ。。。
今回の記事は、個人的な日記です。
保護犬についての内容も出てきますが、私はペットショップや保護犬、どのような経路での迎え入れも、否定や肯定をするつもりは全くありません。


こんな経路での迎え入れもあるんだなぁと思って読んでいただければ幸いです(๑•᎑•๑)♬*

犬のいる暮らし。。。癒されます☺

1匹目: 旦那さんの知り合い

我が家の一匹目のわんこは、現在2歳半になる”ビトン”(♀)です🐶

犬種は愛すべきMIX犬!!
散歩をしていると、犬種について聞かれることもあるのですが、どのような犬種が混ざっているのかは全く分かりません!(笑)

ゆきんこりあ-我が家の犬
女の子です。

ビトンは、私が韓国に来てすぐに引き取ることになりました。

一緒に暮らして1年半💕
どんな時も側にいてくれる家族であり、韓国で初めてできた友達でもあります!

旦那さんの元職場の知り合いの事務所(兼工場のようなところ)で飼われていたビトン。
正確な飼い主さんはいない状態で、外で飼われていました💦

私は韓国に来る以前から、結婚して韓国に来たら、いつか犬を飼いたいと言っていたのですが。。。

渡韓前のある日、旦那さんから突然“犬を引き取って育てる?”と言われました。
(旦那さんは特に犬が大好きというわけではありません。)

正直最初は冗談かなぁと思っていたのですが、意外と本気の旦那さん。。。

私は韓国に来た際に、以前一度ビトンに会ったことがあったんですが、事務所で飼われているとはいえ、正確な飼い主さんがいなく、外で飼われているという部分に、思うところがありました。

ゆきんこりあ-我が家の犬
引き取る前に実際に会った時のビトン


初めての韓国生活で、いきなり犬を飼うという事は、不安ももちろんありましたが、この子と一緒にいたいという気持ちが勝って(ビトンの将来が不安になったのもあります)、引き取ることにしました

※万が一、韓国で何かあって離婚することになり、日本に戻る際は私が引き取る覚悟で☺!

ゆきんこりあ-我が家の犬
我が家に来てすぐの頃

今では健康優良児で、お散歩大好きなレディ(アジュンマ?)へと成長しました!

成長期にあまり他の人と接触する機会を与えてあげられなかったせいか、ちょっと人見知りするようになってしまったのが悩みです( ;∀;)

ただ、おやつをあげて30分ほどすると、お腹を見せてくれます。
私の両親が来韓した際にも、可愛がってもらいました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ゆきんこりあ-我が家の犬
最近太ったって獣医さんに注意されたよ。

お散歩に行っているとはいえ、広い屋外での暮らしの方が幸せだったのかななんて思うこともありますが、ビトンが少しでも我が家での暮らしを幸せだなと感じてもらえていたら嬉しいです꒰๑•௰•๑꒱

2匹目: インスタグラムを通じての譲渡

そして2匹目。。。

我が家に2匹目のわんこ“ルイ”が来てから約6カ月が経ちました(ฅ’ㅅ’ฅ)
ルイはもうすぐ1歳になるボストンテリア(♂)です。

2匹合わせてルイビトンです!(ルイヴィトンではない。。笑)
ちなみに特にルイヴィトンが好きだからというわけではありません(。・ω・。)

ゆきんこりあ-我が家の犬
我が家のわがままボーイ

ルイを迎え入れることになった経緯としては。。

先住犬ビトンが散歩に行くたびに、他のわんこに挨拶をしたがる姿を見て(その割に臆病で神経質ㅜㅜ)、徐々にもう一匹を考えるようになりました。

私が仕事に行く間、一人でのお留守番時間がどうしても長くなってしまうので、寂しい思いをさせてしまっているんじゃないかな、友達がいた方が寂しくないんじゃないかなと、ずっと考え続けていました。

ゆきんこりあ-我が家の犬
毎日の寝相

悩みながら、インスタで里親募集を見続ける日々💦

コロナ在宅になり、ほぼ家にいる時期だったので、当初は”臨時保護”を考えていました。
というのも、2匹目を引き取るつもりはあったのですが、万が一ビトンとの相性が最悪だった場合などを考えると中々踏み切れなかったからです。

実際に臨時保護募集を見て連絡もしてみたのですが、残念ながら連絡をしたわんことは縁がなかったようで。。。

そんな時に旦那さんが。。。(これまた旦那さん!笑)

このわんこどう?と言ってインスタを見せてきたのがルイでした!

ゆきんこりあ-我が家の犬
初日のルイ

見てみると、里親募集をしていたのは個人の方でした。

手放すことになった理由としては、事情により家族の元へ引っ越しすることになったが、家族にひどい犬アレルギーがあり、どうしても飼うことができなくなってしまった。

との事でした。

私は、なぜか直観でこの子を迎え入れようと思いました꒰ 。•ω•。 ꒱
(ちなみに私はテリアやブルドック系は元々好みのスタイルではありません。。笑)

ゆきんこりあ-我が家の犬
今はボストンテリア大好き♡

飼い主さんに連絡をすると、まだ里親先が見つかっていないとのことで、私たちの現状などを伝えて相談した結果、引き取ることに!

飼い主さんはとても誠実な方で、本当にどうにもならない事情があったんだろうなと思います。

使っていたハウスや残っていたフードなども全ていただきました。

ちなみにルイはまだ6カ月弱だったせいか、全く人見知りなく我が家にやってきました。

最初の夜に少しクンクン鳴いたくらい。。

とはいっても、子供のうちから2回も飼い主が変わる経験をしたルイ。。。
幸せな暮らしを提供してあげたいです( ;∀;)

ゆきんこりあ-我が家の犬
初日から人の上で寝るタイプ。。。

最初は先住犬がストレスになるから生活空間を分けた方が良い等、色々勉強した結果。。。

部屋内にサークルを作って最初の2~3日、夜はそこで寝かせてみました。。。

初日はビトンも警戒して、うーっと唸るシーンもあったのですが、ルイは全くお構いなしで遊ぼう遊ぼうとぐいぐい行っていました。。

数日経つと、ビトンの方からちょっかいをかけに行くようになったので、一緒の生活空間にしました(*´з`)

当初は、体格が同じくらいだったのですが、現在はルイの方が大きくなりました

毎日ぎゃうぎゃうケンカのような遊びのような事を繰り返す2匹ですが、何だかんだ仲良くやっています。(多分💦)

が、お互いにストレスが溜まったりもしそうなので、余裕のある日は、お散歩を別に行ったりもしています☺
週末や朝は、旦那さんと一緒に行っています(。•ㅅ•。)

別々のお散歩は、それぞれのわんこに集中できる時間なので、なるべくしてあげたいなと思っています。

保護犬の臨時保護と迎え入れ

ルイを引き取る前に臨時保護や保護犬の迎え入れを検討していたので、最後に紹介してみたいと思います꒰◍ᐡ人ᐡ◍꒱

まずは、保護団体を通さない場合として。。。

포인핸드(ポインハンド)というアプリのダウンロードがおすすめです。

ポインハンド

全国の保護センターで公示されている、里親募集中の犬や猫を確認することができます。

引き取りたい子がいれば、案内されている電話番号に問い合わせをしたり、訪問予約をすることが可能です。
引き取りの条件等は、保護センターによって違うので、事前に問い合わせが必要です。

直接保護センターから引き取る場合は、臨時保護ではなく、引き取りの手続きとなるので臨時保護をしてみたいという方は以下の方が良いかもしれません。


保護団体を通して臨時保護や引き取りを希望する場合は。。。
インスタのアカウント検索で유기견(保護犬)と検索すると、色々な団体が出てきます。

保護団体のアカウントで募集されている臨時保護や引き取りのわんちゃんたちの中で、気になる子を見つけたら連絡をする形となります。

保護団体によっては、引き取りの条件がかなり厳しい(わんこのためを思って)場合もあります。
共働きNG、単身世帯NG、年齢条件などなど。。。

また、やり取りをする中で飼い主としてふさわしくないと判断された場合には、引き取りや臨時保護ができない場合もあります(*´з`)

ただ、これらは全て、心に傷を負ったわんこのためを思って事なので、必然的に厳しくなってしまうのかなと思います💦
(引き取り後、破談になることも多いようで慎重にならざる負えないのかなぁと思います。)

ゆきんこりあ-我が家の犬
ビトンだよ。

韓国ではまだまだ保護犬が多く、殺処分も行われています。
このような犬や猫が少しでも減ることを願うばかりです。

まとめ

ひょんな経緯で我が家の一員となったわんこ達。。。
狭い家で申し訳ないなと思いますが、わんこのためにもいつの日か大きな家に引っ越しできるよう頑張ります(*´∇`*)

ちなみに、わんこを育てる上で、海外だから特に大変という事は全くないです☺
日本では、子供の頃に飼っていただけなので比較ができませんが、韓国でも日本でも、犬を飼う環境は大差ないかなと思います。

そして、ソウルは動物病院もたくさんあり、24時間で対応してくれるところも多いので便利です。
また、最近ではペット同伴OKのホテルやペンションも増えているようです!
(利用してみたいけどビトンの車酔いがㅠㅠ)

ゆきんこりあ-我が家の犬
盗撮に気づかれる。。


そんなわけでわんこの紹介になってしまいましたが。。。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ゆきんこりあ(๑•ω-๑)♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です