【韓国就職】韓国人の就職活動準備 (資格と経験)

こんにちは、ゆきんこりあです꒰* ॢꈍ◡ꈍ ॢ꒱.*˚‧

ブログを訪問してくださって、ありがとうございます!

韓国で就職してから1年半が経過しました!
そのうちの半年はコロナのせいで在宅ですが。。( ;∀;)

韓国は日本よりも就職が厳しいと言われていますが。。。
そんな韓国で就活中の方たちが実際に取得している就職のための資格や経験にはどのようなものがあるのか、まとめてみようと思います!

日本人目線ではなく韓国人目線で。。。!!!

なぜなら情報提供元が旦那さん(韓国人)だから(*゚▽゚*)  

あくまでも韓国人でキャリアなしの場合、職種によってももちろん異なりますが、日本でも取れる資格もあるので、日本の学生さんでこれから韓国就職を目指すという方に参考にしていただければ幸いです💕

ちなみに私は、以下で当てはまるものがほぼありませんでした💦

資格ってないとダメ??

資格や経験&経歴があった方が履歴書でアピールできるよ。

語学関係

英語学習イメージ写真

まずは語学関係についてまとめてみます!

韓国人では外国語を話せる人の割合が、日本に比べて高いような気がします(∩´∀`)∩

日本でも最近は英語を話す人が増えてきているような気はしますが、率直に言って韓国人の外国語レベルにはびっくりすることが多いです☺

ではでは韓国人たちはどのような資格を準備して就職活動に挑むのでしょうか?

TOEIC
まずはお馴染みのTOEICなんですが。。。

韓国では900点台でないと書く意味があまりないとかΣ(゚д゚lll)
逆にあまり低い点数を書くとマイナス要素に。。

基本的に、英語はある程度できて当たり前の韓国。。。
大学の授業でも原書を使用したり、英語のみで授業が進行したりと。。。

日本人の場合、韓国語&日本語が求められるのはもちろんですが(日本語を使用する職種の場合)、グローバルな会社では、それに加えて英語を使用する機会も多いので、英語の資格があると良いかと思います☺

というか、資格はなくても良いんですが、話せないと困る場合も。。。💦
(電話対応などなど。。。)

ちなみに結果が良いならTOEFLでももちろんOKです!

貿易英語
国家公認資格の一つである貿易英語
韓国内の多くの企業は輸出業務を行っているので、こちらの資格を取って就職に備える韓国人も多いようです。

内容としては、その名の通り、貿易関連の英文書類作成や翻訳など、英語の能力はもちろん、貿易の実務知識も評価する試験となっています。

等級は1級 ~ 3級まであり、1級が最高級となります。

韓国商工会議所が行っている試験のため、グローバルな資格ではありませんが、韓国国内で貿易関係を行っている会社に関心がある方には有名な資格となっています。

こちらは日本では受けることができないので、興味のある方は留学中などに受けてみると良いかもしれません。

勉強するひよこのイラスト

OPIc
OPIcはOral Proficiency Interview-computerの頭文字を取ったもので、外国語コミュニケーション能力の評価をするテストとなっています。
インターネット基盤でテストを受けることができ、英語だけでなく、中国語やロシア語、スペイン語、そして韓国語(初めて知りました!!!)があるそうです。

実際に英語での会話力をアピールしたいという方は、こちらのテストを受けて結果を提出しているようです☺

ちなみに、評価基準は7段階で、AL(Advanced Low)が最高級となります。

その他第二外国語資格
韓国人にとっては、韓国語+英語までは基本スペックとすると、さらにもう一歩踏み込んで第二外国語の資格があると有利となります。

以前はJPT/JLPTなど日本語の資格も人気でしたが、現在は中国語を勉強する方が多くHSK 5~6級などを保持している人が多いです(*´з`)
ただ、中国語に関しては、韓/中バイリンガルである朝鮮族の方たちが多いので、韓国で中国語を活かして就職となると大変なようです。

読書をして納得するひよこのイラスト


私の経験談
私は韓国での就活の際、韓国語と日本語の2ヵ国語を使う会社の募集(主に翻訳業務の募集)に応募していましたが。。。

1社は面接当日、会場にて韓国語よりも英語/日本語が必要と言われました。
その場で受けた簡易試験は。。
英語→日本語、日本語→英語の試験!(笑)
心の中で韓国語はどこに行ったんだ~と叫んでいました( ;∀;)
(ちなみになぜか受かりました。。。が断りました💦)

今の会社でも、面接時に英語の事を聞かれたような気がします。。。
ちなみに私の英語力は。。留学経験がちょこっとあるくらいですが、韓国語を勉強したら、すっかり抜け落ちてしまいました( ゚Д゚)

というわけで、韓国語&日本語+英語もできると有利かなぁと思います。

また、あくまで個人的にですが。。。

韓国語と共にベトナム語やタイ語、アラビア語などができ方も重宝されると思います☺

というのも、韓国人(韓国語ネイティブ)でこれらの言語をビジネスレベルでできる方があまりいないんですが、逆にこれらの言語+韓国語ビジネスレベルという人材もまだまだ少ないからです(*´з`)

その他資格関係

ノートパソコン写真

MOS
MOSとはMicrosoft Office製品の操作スキルを証明することのできる資格で、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各アプリケーション項目について試験が行われます。
国際資格なので日本にいながらでも取得でき、韓国就職の際にも履歴書に追加できるのでおすすめです。

そして、個人的には、資格が大事というわけではないですが。。。
MOSは勉強しておくのが良いと思います。。。💦

なぜなら、パソコン関係ノースキルで就職した私が大変だったからです。。(笑)
前職は医療系なもので、普段からMSには縁がなかったのですが、こちらに来て困ることが何度も!
その都度周りの人に聞いたり、旦那さんに教えてもらったりと。。。( ;∀;)

時間があるのなら勉強しておいて損はないと思います💕

国際貿易士
国際貿易士は、貿易の専門家として求められる貿易実務の多角的な知識を検証する資格試験です。
韓国貿易協会貿易アカデミーが行っている、民間の資格となります。

国際貿易士は、貿易や流通のエキスパートとして、商品の販売や輸出入を行っている会社の募集に応募する際に、持っているとアピールすることのできる資格となっています。

物流管理士
物流管理士は、その名の通り物流に関する専門知識を問う資格試験です。
物流管理士は、物流の移動、保管、船積みなどにかかる時間、労働力、費用を分析し、企業の物流システムが合理的かつ経済的に実行される方法を設計し、実行する役割を果たします。

こちらの資格も、物流や貿易などに関する企業に就職を目指す場合、持っているとアピールすることのできる資格となっているそうです。

TESAT
TESATは、Test of Economic Sense and Thinkingの頭文字を取ったもので、市場経済に関する知識と理解度を図るテストです。
文系出身で、専攻と関連した分野で就職を目指す場合、持っておくと良い資格のうちの一つだそうです。
経済系や金融系などへ就職をする際に、少し有利になるとかならないとか。。。

これらは、あくまでも持っておくと良いかな程度です!

経験関係

働く人の写真

インターン経験
日本でも最近はインターンシップをすることが多いのでしょうか?(*’ω’*)

韓国において、インターンは必須ではありませんが、新卒OKで募集をかけている会社の中には、インターン経験優遇といった募集も多くあります。

あくまで優遇なので必須ではありませんが、将来を見据えてインターン経験を積む学生達も多くいます!
韓国で就職をしたいと考えている学生さんなら、在学時に一度インターンを経験してみるのも良いかもしれません。

海外留学経験
一番最初に語学関係の資格をまとめましたが、最近では試験の点数よりも、実際の会話力が大事という認識が高まっています。

そういう点からも、海外留学経験はアピールポイントの一つとなります。
実際に留学をすることで世界中の人とコミュニケーションを取ったり、グローバルな視野を手に入れやすいという部分でプラス要素ととらえられています。

ただ、こちらも絶対条件ではもちろんないので、留学経験がないという方でも全く問題なしです(^^♪
(留学していても話せない人もいますし。。💦)

韓国は、実際に日本に比べて留学する人が多いなという印象です。
日本での私の友人たちは、どちらかというと留学や海外生活に興味のない子が多かったのですが、韓国に来て出会った子たちのほとんどが留学経験ありやワーホリに行く準備をしていたり。。。
と海外志向が強い人が多いです☺

飛行機に乗るくまのイラスト

公募展の受賞
何だか日本ではあまり聞きなれないですが。。。💦
こちらも基本的には在学中に準備となりますが、企業が主催する公募展に積極的に応募する学生も!
ちなみに受賞すると、賞金が出ることもありますが、受賞したという経歴が就職活動の際に役立つそうです。

公募展の例としては、技術アイディアなど。。。
プレゼンテーションなどもするそうです!

応募条件として、大学在学中といったものもあるそうです。

ボランティア活動内容
大学進学時の内申にも影響しているボランティア活動ですが。。。

就職時にも履歴書や自己紹介書に書くために活動する学生が多いようです。

実際に採用する側としては、それほど重要ではないようですが、履歴書のアピールポイントは多ければ多い方が目に留まりやすいかなぁといった感じで活動に参加するようです💦
韓国の就職準備って大変ですね。。。

ボランティア活動の例としては、KOICA(海外ボランティア)などもあるそうです。

まとめ

we are hiring

いかがでしょうか??

上記の中で、日本でも準備ができるものとしては。。

*TOEIC
*OPIc
*MOS
*インターン
*ボランティア


といったところでしょうか?
新卒でないのであれば、インターンやボランティアはあまり必要ないかなと思います💕

どのような職種を目指すかによって、もちろん必要な資格や、準備しておいた方が良い資格は変わってきますよね( *´艸`)

実際に韓国の就職サイトで日本人募集を見ていると。。

*日本市場マーケティング関連(業種は様々)
*日本Eコーマース関連
*整形外科や皮膚科の通訳
*旅行関係(今はほぼ募集ありません💦)
*ウェブトゥーンや映像翻訳家

*日本語教師


この辺が多いような気がします☺

後々、韓国での就職を目指すという方は、日本での職種も韓国で活かせそうなものを選んだり、目指す職種で必要とされるスキルを磨いておくと良いかなぁと思います(*´з`)

ちなみに何のスキルもない私は、転職を考えた際にも色々と大変そうなので、学院にでも通って何か勉強しようかなと模索中です!

韓国はパソコン関係の学院が充実していますし(フォトショップや動画編集などなど)、日本で言う教育訓練給付制度が充実しているので、低額で学ぶことのできる制度があり、利用してみたいなと思っています(*ノωノ)

頑張って勉強するひよこのイラスト

最後までお読みいただき、ありがとうございました(୨୧ ❛ᴗ❛)✧
ゆきんこりあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です