【韓国おすすめ】可楽(カラク)水産市場とは?

こんにちは、ゆきんこりあです(‘-‘*)エヘ

ソウルで水産市場といえば。。。

鷺梁津(ノリャンジン)水産市場


ですが。。。
松坡(ソンパ)区にも水産市場があることは、ご存じでしょうか??

そう、それが今回ご紹介する可楽(カラク)市場です!

というのも、仕事でソウルの水産市場関係に詳しい方と話す機会があったのですが、その際に可楽(カラク)市場の方がおすすめだよって教えていただいたので、前々から行きたいなと思っていたんです(*´з`)

その方曰く、鷺梁津(ノリャンジン)よりも規模は小さいけど、綺麗で人もそこまで多くないのでオススメだよっとの事でした!

そんなわけで金曜の夜に実際に行ってきました☺

可楽(カラク)市場って聞いたことないけど、どこにあるのかな💦

可楽(カラク)市場へのアクセス

可楽市場の最寄りの駅は、可楽市場(カラクシジャン)駅です☺
駅名がそのまま市場名なのでわかりやすい!

地下鉄路線図-韓国観光公社-可楽市場駅
地下鉄路線図: 韓国観光公社

☝ちょっと分かりにくいのですが、可楽(カラク)市場駅は、3号線と8号線の交わった所で、高速ターミナル駅から大体30分くらいかかります☺

住所: 서울 송파구 양재대로 932 가락동 농수산물도매시장


江南方面に住んでいる方や、滞在する方は、ノリャンジンよりもアクセスが便利かなと思います。
(わがノウォン区からはめっちゃ遠い。。。(笑))

地下鉄を下りると、8番出口が一番近いようなのですが。。。
見つけられず1番出口から上がりました!(笑)

1番出口を上がるとすぐ目の前に可楽水産市場が見えます(*^-^*)

可楽(カラク)水産市場入口写真
可楽水産市場への入口

ちなみに営業時間は。。。
毎日24時間です( *´艸`) さすが眠らない街。。。ソウルですね!

可楽(カラク)市場の内部

案内板を見てみると、

地下3~2階 → 駐車場
地下1階 → 青果直販場
1階 → 水産・干物・畜産
2階 → 食品総合・干物総合
3階 → フードコート

となっています。

可楽市場案内板写真

水産市場の規模としては、やはりノリャンジンよりもかなり小さいような気がします(*´з`)

内部に入ると。。。

可楽水産市場内部の写真

金曜の夜なのに、人が少ない!!! 

コロナが蔓延し始めてからは、ノリャンジン市場に行っていないので、コロナの影響なのかどうかは、何とも言えないのですが、人があまりいないので、ゆっくりと見て回ることができます(・-・*)

とは言っても。。。
水産市場。。。正直どこも同じ値段と同じラインナップです!

そんなわけで、歩いているとお店のアジョッシやアジュンマがどんどん声をかけてくるので、適当にお店を決めて、お魚を選びます( *´艸`)(笑)

可楽水産市場内部の写真3

私たちは、上の写真のお店で購入することに😍

可楽市場内売り場の写真-ヒラメ

ヒラメ🐟がいっぱい入った水槽や。。。

可楽市場内の売り場写真-カニ

カニ🦀の入った水槽も。。。
(こういった写真が苦手な方はすみません💦)


また、下の写真のように、最近は値段が書かれているお店も多いので、観光で来て韓国語がわからなくても安心です♡

可楽水産市場内部の写真2

参考までに。。。

농어(ノンオ): スズキ
광어(クァンオ): ヒラメ  **韓国刺身の定番♡
참돔(チャムドム): 真鯛
연어(ヨンオ): サーモン
우럭(ウロク): クロソイ
새우(セウ): エビ
킹크랩(キンクレブ): タラバガニ
대게(デゲ): ズワイガニ

私たちは、お店のアジョッシと話をして、광어(ヒラメ)+참돔(真鯛)小サイズを35,000ウォンで購入しました🐠
ついでに、冷凍エビも10,000ウォン分購入~!
(ロブスターは高くて諦めました。。💦)

3階の食堂で購入したを食べる

購入後、市場でそのまま食べる場合はお店のアジュンマの案内に従って、3階へと上がります。

可楽市場3階の写真

アジュンマがお店まで案内してくれるので、ついて行くだけでOK!

人が。。。少ない‼( ゚Д゚)


コロナの前にノリャンジンへ行った時(多分土曜日)は、どの店も待機の行列で、私たちも30分くらい待ったのですが、可楽市場では待機時間なですぐに店内へ~☺

可楽市場内の食堂

店内には何組がお客さんがいる状態でしたが、私たちの後にも何組か入ってきて、途中から賑わいをみせていました(*^-^*)

メニューはコチラ↓

可楽市場内の食堂メニュー


基本的に、1階で購入したものの調理代ということになります。

私たちの場合は。。。

お刺身ヤンニョム代: 3,000ウォン×2
アラを使ったメウンタン代: 10,000ウォン
エビの塩焼きの調理代: 5,000ウォン
ビール1瓶: 4,000ウォン
ごはん: 1,000ウォン×2

3階での支払い合計が27,000ウォンでした!
1階での支払いと合わせると。。。

2人で、72,000ウォン!

うーん。。韓国だと高く感じてしまします(*´з`)
でも市場で食べると雰囲気のせいか、さらに美味しく感じるので良しとします!

まず出てくるパンチャンはこんな感じです☺(普通)

可楽市場内の食堂のパンチャン


さばかれたお刺身はこんな感じ。
お醤油で食べても良し、コチュジャンで食べても良しです!

韓国市場で食べるお刺身(フェ)


サムギョプサルのようにサンジャンと一緒にサンチュで食べても美味しいです☺

サンジャン


エビの塩焼きはこんな感じです。
(美味しいが。。。剥くのめんどくさい)

エビの塩焼き


お刺身を食べ終わったら、メウンタンを用意してもらいます。

ちなみにメウンタンとは。。魚のアラでダシを取った辛い鍋料理のことですが、見た目ほど辛くなく私の大好きな韓国料理です♡
(ちなみに辛さが足りなかったので、残ってたパンチャンの🌶を投入しました!)

メウンタン写真

メウンタンはいつどこで食べても美味しい☺
魚介のダシが詰まったスープと미나리(セリ)の相性が抜群で、韓国に来たらぜひ食べてみてほしい料理の一つです。

というわけでご馳走様でした!

可楽市場の感想

実際に可楽市場に行ってみて、ノリャンジン市場よりも新しく清潔な印象でした。
規模はノリャンジン市場よりも小さいですが、落ち着いて食事をしたいという方にはおすすめです☺

ちなみに水産市場が安いかというと。。。
普通のお刺身のお店と変わらないか、ちょっと高くつくかもしれません!(笑)

でも市場の雰囲気って良いですよね(*^-^*)

下記の写真のような干物や、明太子などの水産加工品専門のお店もありました!
(明太子買えばよかった。。。💦)

可楽水産市場-干物類

我が家からはちょっと遠いので、なかなか気軽には行けないですが。。。
韓国のお刺身とメウンタン大好きなのでまた行きたいです♡

在韓のみなさまや、韓国へ旅行の際にはぜひ1度水産市場へ出かけてみませんか~??


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ゆきんこりあ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です